新着情報

新着情報

乾燥の季節です!そのお手入れ方法は?

これから乾燥の季節。

 

「ドライヤーって傷むから、自然乾燥させたほうが良いんだよね?」

 

現場で働いていてよく聞かれます。

 

でも、それはNG!

 

より乾燥しやすい髪を作ってしまいますので注意です。

 

 

 

①濡れた髪はそのままにせず、優しくタオルドライする

 

髪を自然乾燥させるとキューティクルが剥がれやすい状態が長時間続き、のちのち髪の乾燥を招いてしまいます。

 

とはいえ、水分を大量に含んだ髪をいきなりドライヤーで乾かそうとすると、ずっと髪に熱風をあてることになってしまい、これも髪の乾燥を招いてしまいます。

 

そのためドライヤーの前に軽く髪の水分をとるタオルドライを正しくおこないましょう。濡れた髪はキューティクルがめくれやすくなっているので、優しく髪の水分をタオルで吸収させるようにします。

 

入浴後、軽く髪の水気を払い、その後は頭皮から毛先にむかってタオルで水分をとっていきます。頭皮にタオルをあて軽く手もみをするように押し、髪の毛はタオルで両側からはさむようにして、水分をとっていきましょう。

 

②ドライヤーは短時間で済ませる

 

タオルドライである程度乾いた髪を、今度はドライヤーで乾かしていきます。その際は乾燥を防ぐためできるだけ手短に済ませましょう。

 

ドライヤーは小刻みに揺らして1か所にずっと熱風があたらないようにしましょう。また、ドライヤーは20センチ以上離して使います。

 

頭皮と髪の根元からドライヤーをあてていき、最後は毛先という順番で乾かしていきます。

なお、毛先は完全に乾かすのではなく、少しまだ水気が残っているくらいの状態で終わることをおすすめします。

 

ドライヤーと同じくアイロンやコテも高温でキューティクルを痛めやすいので、乾燥を防ぐためできるだけ短時間で済ませるよう意識してください。

dsc_2377

 

(Wetブラシおすすめです!ドライが20%早くかわきます)

 

正しい知識をつけて、ツヤツヤ・うるうるの髪を手に入れてくださいね。

ヘアカラー・シャンプー専門店 Color Bouquet(カラーブーケ)

〒320-0834 栃木県宇都宮市陽南3丁目12−30 2F

TEL:028-684-2600

ホームページ Facebook
reservation
028-684-2600 WEB予約はこちら
営業時間10:00~18:00 (最終受付 17:30)
※金曜:10:00〜20:00(最終受付:19:30)
定休日日曜日
住所栃木県宇都宮市陽南3丁目12-30 2F
アクセスマップ
TOP